百合模様 #1〜共有と専有〜

共有と専有 なんだか難しそうな題名になってしまった。 


ラブという薬

を読んだ。 


心が洗われるような気持ちのいい本だった。 

洗濯機ではなく、きっと手揉み洗いだった。 


思ってることを言葉にすることは、簡単なようで意外と難しいということ。 


共感することは、大事だと信じつつ、 

決して日常ではなかったということ。


SNS社会が加速するいま、"共有"が日常になって、"承認"に飢えて、麻痺していたということ。 


そして、"共有する"ということになにも違和感を抱いてない自分がいた。


一方的でしかなくて、単なる空虚な"共有"でしかなかったことを恥じたり。


考えさせられたといえば月並みですが、 気持ちが軽くなる、本でした。 


現代人の心の処方に使ってもいいんじゃないかと思うくらいに。


誰かに共有することはとても素敵なことだと思う一方で、その行動の何かが自分を辛くさせているのかもしれない。 


共有することをとどまって、 自分の中で専有することで、心の中でじっくりと発酵していって、他のものを巻き込んで、いいアイデアにつながったり、自分だけの大事な宝物になったりする。 


でも、そんな素敵な考えが、自然と導き出せるようになるには、

まだまだ試練を乗り越えないと無理なんだから。 


とか、人生半人前な自分を蔑んだりするけど、こういう本を呼んで、考え方を拝借して自分の中で考えて消化することは、映画と一緒で擬似体験したのと一緒だと思う。 


SNS絡みのあってはいけない出来事は、"ラブ"を知らず、責任から逃れた思考の結果。


それはきっと、ネットが産んだ退化。 


だと思った。 

思ってしまった。 


すべての人が一方向を向くことはきっとできないけれど、その人の目線に立つことは誰でもできる。


相手の座っている椅子に一度座ってみる。

 

怖がらずに、耳を傾ける。 


偽善という言葉に怯えず、心に正直に相手を想う。


今日は心を育てることに正直に向き合えた。



「ラブという薬」

著者:いとうせいこう / 星野概念

Lily / DiDi by Lily

ハンドメイドジュエリーを中心に製作しています。 世界中を旅して仕入れた素材を使用して 日常にはない特別な彩りを加えるアクセサリーをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000